経理実務の学校-「簿記用語集 ま行」

アカウンタンツライブラリー ヘッダー リンク1

HOME >> 簿記とは >> 簿記用語集 ま行

簿記用語集

ま行

【ま】

  • 前受金(まえうけきん)
    商品などの売上に際して、代金の一部を前もって受け取った場合に使用される。
    ※買掛金が商品代金支払義務であるのに対し、前受金は商品等の物品やサービス提供義務というように、両者は対照的な勘定である。
    ※売上確定後は売掛金と相殺し、すみやかに清算すること。
    ※相手先別に管理し長期滞留のものについては、相殺漏れのないように注意すること。

 

  • 前受収益(まえうけしゅうえき)
    前受収益とは一定の契約に従い、継続して役務の提供を行う場合、未だ提供 していない役務に対して支払いを受けた対価のこと。 これには前受利息、前受賃貸料等がある。

 

  • 前払金(まえばらいきん)
    商品、原材料等の購入前に先立ち仕入先に支払った購入代金で手付金 や取引前渡金をいう。

 

  • 前払費用(まえばらいひよう)
    まだ提供されていない役務に対して支払った額のうち、1年以内に費用となることが明かな費用(前渡金以外)を処理する。※具体的には次のようなものを処理する。
    1.未経過家賃地代
    2.未経過リース料
    3.未経過保険料(長期前払費用からの振替を含む)
    4.未経過支払利息料等

 

  • 前渡金(まえわたしきん)
    商品の受入や外注業務の完了に先だって代金の一部又は全部を支払った場合に、その代金を一時的に処理する勘定。前渡金は債権の一種であるが、売掛金とは対照的な勘定である。すなわち、売掛金が商品代金請求権であるのに対し、前渡金とは商品等の物品やサービスを請求する勘定だからである。
    ※商品、外注業務の検収後はただちに本来の科目へ振替えること。
    ※相手先別に管理すること。
    ※決算においては、必ず残高確認を行うこと。

【み】

  • 未収金(みしゅうきん)
    営業以外の代価の未収額で1年以内に回収され現金化できる債権をいう。

 

  • 未収収益(みしゅうしゅうえき)
    一定の契約に従い継続して役務の提供を行う場合に、既に役務は提供した ものの未だその対価の支払いを受けていないものをいう。 未収利息、未収手数料、未収地代等がこの勘定科目に該当する。

 

  • 未収入金(みしゅうにゅうきん)
    固定資産や有価証券売却など本来の営業取引以外の取引から生じた債権をいう。
    ※具体的には次のようなものを処理する。固定資産、有価証券の売却代金、経費の戻入れ、営業外の未収入金など。

 

  • 未収消費税(みしゅうしょうひぜい)
    借受消費税勘定の金額より仮払消費税の金額が大きくなり還付を受ける 消費税勘定をいう。

 

  • 未着品(みちゃくひん)
    運送途上にある仕入品で、この仕入品の受払及び残高を処理する 勘定科目のこと。 仕入品が運送途上で貨物引換証、船荷証券等の証券を入手したときに未着品の計上をする。 この貨物引渡証券と引き換えに仕入品を受領したときに、仕入勘定を借方の未着品勘定を貸方に記入する。

 

  • 未払金(みばらいきん)
    通常の営業取引以外の取引により発生した1年以内に支払われる債務を処理する。
    ※具体的には、次のようなものを処理する。
    1.通常の営業取引に関連して発生する買掛金、未払費用以外の支払債務で発生後短期間のうちに支払われるもの
    2.固定資産や有価証券の購入にともなう債務
    3.決算の確定により決定した配当金や役員賞与金など
    ※相手先別に管理すること。
    ※残高の年齢表を作成し、支払の遅延のないよう管理すること。
    ※決算にあたっては必ず残高確認を行うこと。

 

  • 未払消費税(みばらいしょうひぜい)
    消費税の確定申告納付額又は中間(予定)申告納付額の未納付金額を処理する。

 

  • 未払配当金(みばらいはいとうきん)
    株主総会で利益処分案の承認で、株主配当金が決定された場合の配当金の確定債務のこと。

 

  • 未払費用(みばらいひよう)
    一定の契約に従って継続して役務の提供を受けている場合、発生主義の原則に従って、すでに提供された役務に対していまだ支払期限が到来せず支払いが行われていないものを計上する。
    ※具体的には、次に掲げる科目の未納付額について処理する。現業社員給与、社員給与、時間外手当、企業年金保険料、法定福利費(労務保険料は未払金として計上する)、リース料、レンタル料、保守料、家賃地代、通信費
    ※相手先別に管理すること。
    ※残高の年齢表を作成し、支払の遅延のないよう管理すること。

 

  • 未払法人税等(みばらいほうじんぜいとう)
    法人税・住民税および事業税・事業所税の確定申告納付額又は中間(予定)申告納付額の未納付金額を処理する。

 

  • 未払役員賞与(みばらいやくいんしょうよ)
    株主総会で利益処分案の承認で、役員賞与金が決定された場合の役員賞与 の確定債務のこと。

 

【む】

  • 無形固定資産(むけいこていしさん)
    無形固定資産は、有形固定資産のように有形財ではないが、長期 にわたり法律的権利、経済的価値を有する使用目的資産を言う。

 

  • 目的積立金目的取崩額(もくてきつみたてきんもくてきとりくずしがく)
    目的積立金目的取崩額は一定の目的のために留保した利益のその目的に従う取崩の額をいう。

メールマガジン『経理の薬』より





>>このページの先頭へ

簿記とは?


簿記用語集

用語検索 | | | |
| | | ら・わ

簿記検定スケジュール

4月
【申込期間】
3月下旬から4月下旬
5月
 
6月
【試験】
6月上旬
7月
【6月試験合格発表】
試験後1〜2ヶ月後
8
 
9月
【申込期間】
9月上旬から10月上旬
10月
11月
【試験】
11月中旬
12月
【11月試験合格発表】
試験後1〜2ヵ月後
【申込期間】
12月中旬から1月中旬
1
2
【試験】
2月下旬
3
【2月試験合格発表】
試験後1〜2ヵ月後
【申込期間】
3月下旬から4月下旬
備考

【お問い合わせ】
日本商工会議所検定センター