経理実務の学校-簿記は、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

アカウンタンツライブラリー ヘッダー リンク1

HOME >> 簿記とは

簿記とは

簿記は、企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につきます。また、ビジネスの基本であるコスト感覚も身につきますので、コストを意識した仕事ができるとともに、取引先の経営状況を把握できるために、経理担当者だけではなく、全ての社会人に役立ちます。
さらに、公認会計士や税理士等の国家資格を目指す方や他の資格・検定と組み合わせてキャリアアップを考えている方々にも必須の資格といえます。
 現在、多くの企業が社員に対して簿記検定の資格取得を奨励しているほか、大学や短大の推薦入試、単位認定の基準に採用されていることなどから、年間で約55万人の方々が受験する「日商簿記」として社会的に高い信頼と評価を得ています。このような実績を踏まえ、先ごろは、若年者の就職を支援する厚生労働省の「YESプログラム」において、企業が採用にあたって重視している就職基礎能力の1つである「資格取得」に選定されたところです。


メールマガジン『経理の薬』より


講座や受講に関する質問・相談などお気軽にお問い合わせください。


>>このページの先頭へ

簿記とは?


簿記用語集

用語検索 | | | |
| | | ら・わ

簿記検定スケジュール

4月
【申込期間】
3月下旬から4月下旬
5月
 
6月
【試験】
6月上旬
7月
【6月試験合格発表】
試験後1〜2ヶ月後
8
 
9月
【申込期間】
9月上旬から10月上旬
10月
11月
【試験】
11月中旬
12月
【11月試験合格発表】
試験後1〜2ヵ月後
【申込期間】
12月中旬から1月中旬
1
2
【試験】
2月下旬
3
【2月試験合格発表】
試験後1〜2ヵ月後
【申込期間】
3月下旬から4月下旬
備考

【お問い合わせ】
日本商工会議所検定センター