経理実務の学校-DVD講座受講者の声
アカウンタンツライブラリー ヘッダー リンク1

HOME >> DVD講座 >> 受講生の声

経理・財務のDVD講座

受講生の声

経理の実務経験があっても知らなかったことを学ぶことができ、今自分が担当している経理業務についても、さらに理解を深めることができました。

  • 性別:男性
  • 年齢:20代
  • 資格:日商簿記2級
  • 経験:商社にて経理実務を約5年経験
 

―― 今回、この講座を受講しようと思ったきっかけはありますか?

 現在経理職として勤務してはいるのですが、分業制のため、なかなか幅広い経験を積むのが難しい環境にいます。でも、将来的に経理の経験を積んでいく中で、特定の分野の知識や経験に偏らない、バランスのとれた経理職になりたいなと思っています。そこで自分自身の視野を広げるためにも、今自分が担当している業務以外の事も学びたいと思い、『キャリアアップを目指す人のための「経理・財務」実務マニュアル』読者会に参加していたところ、お知らせのチラシをもらい、「経理実務エキスパート養成講座」のことを知りました。

 チラシには「経理初心者向け」と書いてあったのですが、自分自身も経理職として6年目に入ったので、今までの業務を見直したいという気持ちがありました。それまでは売掛・買掛金管理の業務がメインで、経理の全てを経験しているというわけではありませんでしたし、自分が担当している業務以外も含め、全体的な流れを知りたかったというのが受講のきっかけです。

 また、この「経理実務エキスパート養成講座」DVDの中で講義をしている金田一先生は、「読者会」でも講師をされていたので、安心感があったというのも受講理由の一つですね。「読者会」で何回か金田一先生の授業を受けていますが、DVDの中でもポイントを押さえて説明してくれるので、とてもわかりやすかったです。

―― この講座の中で、印象に残っている内容はどこですか?

 特に印象に残っているのは第1部と第2部ですね。実際に自分が経験している業務と被っているのですが、さらに理解を深められました。というのも、私が今勤めている会社では、倉庫はあっても仕入部がなく、それぞれの拠点で処理された最終的なデータが経理部に届くという仕組みのため、実際に現場ではどのような処理がされているのか・・・例えば納品書の扱いとか、値引きや割引のときの処理などが見えていなかったのです。

  そういう部分というのは、なかなか職場の先輩にも聞きづらいところがあったり、教われないことが多いので、現場の流れを踏まえた経理処理を学ぶことによって、自分の業務についてもつじつまが合い、納得することができました。

―― 実際に学習してみて、通信講座(DVD)の学習方法はいかがでしたか?

 私は今まで、「読者会」や資格の専門学校の通学講座に通ったことはあったのですが、DVD講座は初めての受講でした。通学講座は時間が決まっていて仕事をしながら通うのはなかなか大変ですが、DVD講座は自分の好きな時間に自分のリズムで学習できるからいいですね

  私は終業後に帰宅してからの時間を使って少しずつじっくり勉強したので、学習期間は大体1ヶ月くらいかけました。もちろん、わからないことがあったら随時見返したりもしていました。テキストもワークも、それなりにボリュームがありましたね。講義の中では細かいところまで押さえられているので、経理の実務経験があっても、まだ知らなかった部分もたくさんありましたし、勉強していてとても楽しかったです。



バックナンバー


それぞれの経理処理について、内部統制の観点でもベストな手続きを学ぶことができました。業務の具体的な流れを知ることは、今後の業務にも活かしていけると思います。


経理の実務経験があっても知らなかったことを学ぶことができ、今自分が担当している経理業務についても、さらに理解を深めることができました。



その他の受講生の声

今まで経験した実務的なことしか知識がなかったのですが、再就職する際に他の会社での実務に活かしていくことができると思いました。質問メールも早く返事があり学習のモチベーションを高めることができた。

簿記検定のみで実務経理のない方の助けになると思いました。


講座や受講に関する質問・相談などお気軽にお問い合わせください。


>>このページの先頭へ