ジャスネットコミュニケーションズ株式会社サイトマップ会社情報お問い合わせ経理実務の学校

無料セミナー「日本一早い!平成25年度 年末調整セミナー」

【レポート】2013.9.7開催日本一早い!平成25年度 年末調整セミナー(基礎編)

厳しい残暑が続く9月上旬の週末に「日本一早い!平成25年度 年末調整セミナー(基礎編)」を開催致しました。
秋の気配もまだ感じられず、年末調整にはいささか早すぎるのでは…という声も聞こえてきそうですが、当日は約90名の方々にお集まり頂きました。ご参加頂いた皆さま、本当にありがとうございました。
 今回のセミナーでは、株式会社ブレインコンサルティングオフィスの社会保険労務士 羽田操先生を講師にお迎えしました。先生は講師業務のみを行っているわけではなく、給与計算・社会保険手続き等の実務を行っている実務家としてご活躍されています。実務に精通されている先生だからこそ、よりリアルなお話が聞けるのではと期待が高まる中、講義はスタート致しました。
 今回のセミナーは大きく分けて、年末調整の概要・年末調整の流れ・練習問題の構成で進められました。冒頭の「年末調整とは何か」というお話の中では、初心者にもわかるように年末調整の意味や業務を始める時期、また年末調整の対象者など、大前提からご説明頂きました。その中でとても分かりやすい例えをされていたのでご紹介させて頂きます。

納税額を計算するとき会社は「売上」から「経費」を除いた「利益」に対して税金が課されるのに対して、個人は「給与収入」から「経費=給与所得控除」を除いた「給与所得控除後の給与等の金額」から、さらに個人の事情を考える…つまり扶養している人数、生命保険にいくらかけているかなど個人的な事情を加味して税金を計算するという流れになっているということです。会社と個人を比較してみると、仕組みがわかりやすくなると同時に、会社と個人との違いが良く分かりますね。

年末調整の流れでは、1年間の給与総額と徴収税額の確定から、配偶者控除や社会保険料控除など、段階に沿ってご説明頂きました。ご受講された皆さまからもアンケートで「生命保険料控除新旧の計算方法がわかった。あいまいだった一連の流れが解決しました。」「配偶者控除と配偶者特別控除の違いが理解できました。」などのお声を頂き、具体的なご説明にご満足頂けたようです。

そして、従業員から提出してもらう「扶養控除等(異動)申告書」や「保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」のチェックポイントについてもご紹介頂きました。給与・賞与等の金額等は、基本的に給与計算ソフトで計算されている会社が多いと思いますが、年末調整では従業員に手書きで記入してもらい、回収した各種申告書から必要な情報を読み取って、所得控除のどれにあてはまるか人間が目で見て確かめる必要がでてきます。読み取るべき情報と、どの段階で何をチェックすれば良いのか、また申告書の提出段階ではどのような間違いが多いのかということ等を押さえる事ができました。

 最後は、実際に電卓を使った練習問題に取り組みました。
「扶養控除等(異動)申告書」で申告された内容と、「保険料控除申告書」で申告された内容をもとに計算欄を埋めていき、年調年税額を計算するという問題です。前のページにも戻って学んだことを振り返りつつ、電卓を叩いて計算欄に記入していくと、それまでの説明が線で繋がり、年末調整の基本的な流れをすっきりと理解することができましたね。

ちなみに、講義の中で先生からご紹介された「年末調整のしおり」ですが、税務署で手に入れることができます。また、国税庁のwebページにも既に今年度分がアップされていますので、もしよろしければダウンロードしてみて下さい。
国税庁「平成25年分 年末調整のしかた」
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/nencho2013/01.htm

 セミナー後に皆さまからご記入頂いたアンケートではこんなお声を頂きました。
「年末調整の流れやり方が段階を踏んで説明してもらえたので、とても分かりやすかったです。」
「特別控除の説明が詳しくてわかりやすかった。税務署が行っているセミナーより、より実務的でわかりやすかった。」
「手計算で年調の流れを確認できたのはよかった。これで計算の仕組みがよく理解できました。」等々。
そして、今回のセミナーを踏まえて、より実践的な講義を望むお声も数多く頂きました。
そこでリクエストにお応えして、10月に実践編のセミナーを実施致します!
今年もやります!日本一早い!平成26年度年末調整セミナー(基礎編)お申込みはこちらs


 次回はより実践に近づき、実際の申告書から直接数字を読み取り練習問題を計算します。本セミナーをご受講されて、次のステップを学びたいという方も、すでに年末調整を経験している方にもご参加頂けるセミナーです。是非、お誘い合わせの上お申込み下さい。
 皆さまにお会いできることを楽しみにしております。

セミナーレポートバックナンバー一覧

  • 2015年度のレポート
  • 2014年度のレポート
  • 2013年度のレポート
  • 2012年度のレポート

【開催日】2013/12/13
『「経理・財務」実務マニュアル』 読者会 第13弾「法人税申告業務 後編」

【開催日】2013/11/28
『「経理・財務」実務マニュアル』 読者会 第12弾「法人税申告業務 前編」

【開催日】2013/11/13
『「経理・財務」実務マニュアル』 読者会 第11弾「年次予算管理 編」

【開催日】2013/10/30
『「経理・財務」実務マニュアル』 読者会 第10弾「消費税申告業務 後編」

【開催日】2013/10/23
『「経理・財務」実務マニュアル』 読者会 第9弾「中長期計画管理 編」

【開催日】2013/9/25
『「経理・財務」実務マニュアル』 読者会 第8弾「ディスクロージャー 編」

【開催日】2013/9/12
『「経理・財務」実務マニュアル』 読者会 第7弾「消費税申告業務 前編」

【開催日】2013/9/7
日本一早い!平成25年度 年末調整セミナー(基礎編)

【開催日】2013/08/22
『「経理・財務」実務マニュアル』 読者会 第6弾「連結決算管理 編」

【開催日】2013/6/22
もしも !? 派遣スタッフの私が今から外資系企業の経理部でキャリアを積むとしたら

【開催日】2013/4/22
『「経理・財務」実務マニュアル』 読者会 第5弾「単体決算業務 編」

【開催日】2013/04/08
『「経理・財務」実務マニュアル』 読者会 第4弾「経費管理・月次業績管理 編」

【開催日】2013/03/18
『「経理・財務」実務マニュアル』 読者会 第3弾「固定資産管理・ソフトウェア管理 編」

【開催日】2013/02/13
『「経理・財務」実務マニュアル』 読者会 第2弾「買掛債務管理・在庫管理 編」

ページTOPへ