経理実務の学校-FASS検定の資格について

アカウンタンツライブラリー ヘッダー リンク1

HOME >> 経理で役立つ資格ガイド >> FASS検定

経理で役立つ資格ガイド

FASS検定とは
FASS検定とは、経済産業省の経理・財務サービス・スキルスタンダード普及促進モデル事業で実証された、経理・財務実務のスキルを客観的に測定するための検定試験です。「実用性」「客観性」「信頼性」「利便性」に優れており、経理・財務の実務家が実証実験で検証されたデータをもとにスキル判断ができます。また、検定期間内であればいつでも受験が可能です。
FASS検定の試験結果は、合否ではなく5段階のレベルでスキル評価します。そのため、スキル診断ツールとして企業の経理財務幹部が注目しています。また、知識の蓄積が必要な経理財務のスキル習得には、経理財務経験が多い方が有利となることは当然であり、年収や役職などと試験のスコアとの明確な相関関係が認められています。つまり、高得点ほど高収入になりますので、FASSの高得点を目指して勉強を続けることは、キャリアアップにもつながります。
現在、企業では能力把握ツールとしてではなく、スタッフの専門性を高めるためや、受験者と上司とのコミュニケーションの材料として活用し始めています。ぜひ受験してみてはいかがでしょうか。


資格概要
受験対象 ・経理・財務部門の定型的実務に従事されている方
・これから経理・財務部門に従事しようとする方。
試験内容 ・「経理・財務サービス・スキルスタンダード」の定型業務として標準化された業務が対象
・資産分野・決算分野・税務分野・資金分野の4分野から構成
試験日程 ・二期制受験
上期:5月1日〜7月31日
下期:11月1日〜1月31日
但し、同一受験期間内で再受験することは出来ません。
この規定に違反した場合試験結果は無効となりますのでご注意下さい。
受験料 ・一般¥10,000(税抜)
問合せ先 日本CFO協会
URL http://www.cfo.jp/fass/
FASSのサンプルテストで経理実務力をチェック

<<経理で役立つ資格ガイドへ戻る


講座や受講に関する質問・相談などお気軽にお問い合わせください。


>>このページの先頭へ