ターミナルバリュー 経理財務用語集[経理実務の学校]

アカウンタンツライブラリー ヘッダー リンク1
ホーム経理財務用語集「た」から始まる用語一覧>ターミナルバリュー

経理財務用語集

経理財務用語集トップへ
50音検索

| | | |
| | | |
| | | |
| | | |
| | | |
| | | |
| | | |
| |
| | | |
| |
| | | | |
| | | | |
| | O | P | Q | R
S | T | U | V | W | X
Y | Z |

その他

ターミナルバリュー [ターミナルバリュー]

 Terminal Value/継続価値(Going Concern Value )/最終価値/残存価値とも称される。DCF法では、実務上、予測は明示的な予測期間(5〜10年)とそれ以降の期間に分けて行う。予測期間以降の未来永劫までのフリーキャッシュフロー(Free Cash Flow /FCF)の現在価値を合計したものをターミナルバリューという。ターミナルバリューは予測最終事業年度の翌年度の見込FCFをベースに、このFCFが継続するか、あるいは一定の成長率で成長するか、いずれかの仮定で算定することが多い。計算式@:ターミナルバリュー=予測最終事業年度の翌年度の見込FCF÷割引率。計算式A:ターミナルバリュー=予測最終事業年度の翌年度の見込FCF÷(割引率一永久成長率)で求められる。*永久成長率はゼロで算定されることが多い。


「た」から始まる用語一覧


ターミナルバリュー
ダイリユーション・リスク

たな卸資産回転率
単元株制度

経理財務用語集トップページへ


エージェント登録者限定!日商簿記3・2級講座無料!